man are so sad

社会不安障害とは?

yellow potion

私たちがまだ学生だった頃、学校という社会の中では同じ年齢の人がたくさんいて、その中でも気の合う人とだけコミュニケーションを取っていれば楽しく過ごせていたと思います。
しかし、大人になって会社に就職して社会の一員として働くようになると、そこには出身地や年齢も違う、色々な性格の人たちと好き嫌いせずコミュニケーションを取る必要があります。
もしも運よく良い人たちに恵まれていたなら、毎日頑張って仕事をしようという気持ちになれると思いますが、色々な人がいるので必ずしも良い人ばかりとは限りません。
許されることではありませんが、あなたに悪口を言ったり仕事の邪魔をする方がいるかもしれませんよね。
そういったことが原因となって、社会生活に支障をきたすようになってしまう社会不安障害を抱えてしまう方もいるんです。
社会不安障害は、顔が赤くなる、汗を大量にかく、声を出そうとしても震えてしまう、めまいでまともに立っていられなくなるなどの症状が起こり、まともに社会生活を送ることができません。
特に、自分に対して周りの人たちが悪い印象を持っていると思うようになると、その人たちの前で何かを発言することに対して、とても怖くなってしまいます。
本人は不安で辛い気持ちを抱えているのに、周りの人たちからは単に緊張しやすい人だと誤解されて見逃されてしまい、自分で病院に行かない限り誰にも気づかれないということもあると思います。
そのため、もしこれから自分が社会生活を過ごすことが不安でたまらないなら、デパスやエチラームを飲んで気持ちを楽にすることも大切です。

人間関係を楽にする方法

man crying

自分と合わないことを全て他人のせいにするのではなく、受け入れるのも大事なことです。考え方を少し変えるだけで人間関係が驚くほど良くなりますので、その方法をご紹介していきます。

この記事の続きを読む

無理せず薬を飲もう

sad man

薬に頼ることは決して悪いことではありません。本当に辛い時、デパスやエチラームを服用することで気分がスーッと軽くなって楽になれると思いますので、ぜひ試してみて下さい。

この記事の続きを読む

症状に合わせて使う

yellow pack

デパスやエチラームは、それぞれの症状に合った使い方をすることが大切です。日中の間ずっと効果を保ちたいなら、朝、午後、夕方と3回に分けて服用すると、常に落ち着いた気分でいられるはずです。

この記事の続きを読む